イントロ1 イントロ1
イントロ2 イントロ2
イントロ3
今月のお客さん 今月のお客さん
今月のお客さん
2018.04.16

今宿麻美さんに聞く! 2児の子育てとママファッション 後編

執筆者
  • Facebook
  • Twitter
  • G+シェア
  • B!はてぶ
  • Pocket
今宿麻美さんに聞く! 2児の子育てとママファッション 後編

マタニティファッションや子ども服へのこだわり

前編では、仕事に対するスタンスやお子さんたちとの触れ合いについて、根掘り葉堀り聞いちゃった。週末はできるだけ仕事を入れずに家族で過ごしたり、長男のイヤイヤ期に振り回されたりする様子に、「どこの家庭も一緒なのね~」なんて親近感が湧くエピソードがいっぱいだったわ。後編では、今宿さんご自身のテンションを上げるお気に入りスタイルのことやマタニティファッション、さらにお子さんの服選びについて聞いていくわよ!

今月のお客さん
モデル

モデル

今宿麻美さん

1978年1月7日、宮崎県出身。18歳でモデルデビュー。ストリートファッションのアイコン的存在として国内外数々のファッション誌で活躍。2013年に結婚、2014年に第一子となる男児を出産、そして2017年12月に第二子となる男児を出産したばかり。ライフスタイルブック『今宿麻美のママライフ 39 Thank you』(祥伝社)では、ママとしての“今宿麻美”を余すところなく公開。夫婦で手掛けているファッションブランド「SEASONING」にも注目。
[インスタグラム]@imajuku0107

http://www.spacecraft.co.jp/imajuku_asami/
お母さん

お母さん

お子さんが生まれてから、今宿さん自身のファッションに変化はあったのかしら?

「基本は、ずっと変わりませんね。でも最近は、ワンピースにスニーカーを合わせるのが定番ですね。意識していることは、“ラフになりすぎない”ようにすること。スニーカーを履くならワンピースの素材を上品なタイプにするし、パンツスタイルだったらヒールを合わせるなど、ちょっとしたことですけどね。普段着る服はシンプルなデザインが多いので、色ものを入れてテンションを変えたりします」

お母さん

お母さん

妊娠中のファッションはどんな感じだったの?

今宿麻美さん

「普段からワンピースが多いので、そこにレギンスを合わせるというスタイルが定番でした。あとは、ワンサイズ大きい服を選んで買っていました。でも、2人目の時から手持ち服で無理なくという感じでスタイリングするようになりましたね。もちろん、妊娠中でも服装がラフにならないように意識していました」

お母さん

お母さん

私の場合、「せっかくおしゃれしても抱っこ紐で隠れちゃうし」って開き直ってたわね、そういえば……。

「抱っこ紐はコーディネートに影響してくるので、スタイリングは悩みますね。身につけるもので自分自身のテンションを上げることが大切だと思うので、できるだけ自分の好きなものを取り入れるようにしています」

お母さん

お母さん

マタニティアイテムって子どもっぽいし、フェミニンなデザインが多いから困っているママさん多いと思うわ。ぜひ、おしゃれな今宿さん夫婦にプロデュースしてほしい! そういえば、息子さんの洋服は、スタイリストである旦那さんがよくコーディネートしているのかしら?

「我が家ではいつの間にか、平日は私、休日は主人というふうになっていましたね。平日の保育園に着て行く服や着替えは、汚れてもいい動きやすいスタイルで私が選んでいます」

お母さん

お母さん

うちのお父さんなんて、子どもの服に無頓着だからうらやましい! お仕事柄もあるとは思うけど、いろいろこだわりがあるのかしら?

今宿麻美さん

「週末に家族でいる時やお出かけの時は、主人がコーディネートテーマを決めています。それを考えるのがすごく楽しいみたいで。でも、たまに私がダメ出しされることもありますね(笑)。保育園で記念撮影したときの服装がテキトーだと、後から言われます」

お母さん

お母さん

さすがプロ! まぁ、写真は何年も先まで残るものだからわからなくもないけれど。でも、保育園の行事ってけっこう多くて覚えきれないのよね。

「そうなんです! 私もそれを言われたときは、そこまで考える主人に感心しました。保育園の写真撮影はイベントの時が多いけど、例えばクリスマス会だったらクリスマスカラーをイメージした色合わせとか、イベント感を感じられるスタイリングにしてあげなくちゃって言われて。でも、保育園に行っちゃうと汚して着替えしたりするので、“水玉にボーダー”なんて組み合わせになったり、そこまでコントロールできないのが現実ですよね(笑)」

お母さん

お母さん

わかるわかる! おしゃれな今宿さんもそうだと思うとすごく安心する。うちの娘の場合は、最近「コレ違う」「あのサンダル出して」とかこだわり始めてきたから、イベントテーマに合わせて着させると納得するかも! 今宿さん(とご主人)、アドバイスをありがとう〜♪

【後編のまとめ】

ついつい選んでしまう楽チンなワンピースもラフに見えないように意識してコーディネートするだけで差が出るのね! 今宿さんのInstagramでは、おしゃれな私服や息子さんたちとの幸せな写真がたくさん公開中。これを見て私もおしゃれスキルを上げていくわよ!

この記事に関連するキーワード

おすすめの記事この記事を読んだあなたにおすすめ!

新しく、おもしろい体験をマニュアル付きでご自宅までお届けします【自宅で学ぶ 体験EC DIDYCO ディディコ】