イントロ1 イントロ1
イントロ2 イントロ2
イントロ3
今月のお客さん 今月のお客さん
今月のお客さん
2018.02.05

住谷杏奈さんに聞く! ワーキングママの効率的な時間の使い方 前編

執筆者
  • Facebook
  • Twitter
  • G+シェア
  • B!はてぶ
  • Pocket
住谷杏奈さんに聞く! ワーキングママの効率的な時間の使い方 前編

実業家としての才能が光る! 働くママの憧れ的存在

今回は、タレントに実業家といくつもの顔を持つワーキングママの憧れ、住谷杏奈さんにお話を聞いてきたわ。仕事をバリバリこなしていて忙しいはずなのに、子どもと過ごす時間も大切にしていて、しかも夫婦ラブラブ……なんてスーパーウーマンなの! と、思わず興奮してしまったわ。そんな充実しているのには、きっと普段の時間の使い方に何か秘密があるはず。よーし、今回のママ会で根掘り葉掘り聞き出しちゃうぞ~♪

今月のお客さん
タレント

タレント

住谷杏奈さん

1983年2月1日生まれ、35歳。2006年にお笑い芸人レイザーラモンHGこと住谷正樹さんと結婚。現在は、9歳長男と6歳長女の2児の母親でもある。タレントとしてテレビや雑誌などで活躍する一方で、自身のコスメブランドも展開して実業家としても注目を集め、そのライフスタイルが幅広い層の女性から支持されている。著書にライフスタイルブック『ANNA論』(創芸社)、料理本『住谷家のほめられ♡RECIPE』(KADOKAWA)がある。

http://lineblog.me/annasumitani/
お母さん

お母さん

いつもブログを見させてもらっているわ! お仕事で多忙だけど、家事も手を抜かず、それでいていつもキラキラしていてパワフルなイメージ。住谷さんはまさに、“ワーキングママの憧れ”という感じなの。ちなみに、お仕事をしていてやりがいを感じるのってどんなときかしら?

「ズバリ給料日! 自分がどれくらい頑張ったかが目で見てわかるので、『今月は頑張ったなぁ』と思える瞬間はすごくうれしいですね(笑)。逆に、給料が少なめだと、来月はちょっと気合い入れるぞ!と自分自身を奮い立たせたり、次の具体的な目標を考えたりするいい機会になります。仕事に関しては、短時間でたくさんのお金を稼ぐことと、効率の良い仕事は何かを常に考えていますね」

お母さん

お母さん

数字で自分のスタンスを褒めたり、目標を定めたりって、完全にビジネスマンね! テレビのお仕事以外に、美容系のアイテムをプロデュースしているけれど、商品のアイデアはどこからヒントを得ているのかしら?

「実は、特別なことを考えているわけではないんです。話題になっているサービスや食べ物を実際に試してみて、自分なりに「こうしたらもっと良くなりそう」というアイデアを具現化している、という感じです」

お母さん

お母さん

自分が試して本当に良いと思ったものだからこそ、自信をもって勧められるのね。

住谷杏奈さん

「プロデュースアイテムって『世に出てない珍しいものを!』って意気込みがちだけど、そういうものって実はユーザーには求められてないんですよね。前に服のデザインをしたときに、エッジを効かせてこだわって、自分がいいと思ったものをバーン!と発信したんですけど、それがほかの人にとってもいいものになるわけではないことを実感しました。それからは世間に何が求められているのか、何が興味を引くかを考えることにシフトチェンジしています」

お母さん

お母さん

潔すぎるわ! 住谷さんって考え方がドライというか、男性的な感じね。やっぱり、これだけ忙しいと家でも仕事をしないと……っていう状況も多いのかしら?

「いえいえ。仕事は子どもたちが出かけた後の9時から、帰宅する16時までの7時間と決めています。“いかに短時間で効率良く稼ぐか”がモットーですね!」

お母さん

お母さん

そうなの? 家でもバリバリ働いているようなイメージだったから、かなり意外ね。

「家ではダラダラしてるんですよ、私(笑)。パソコンはまったく開きませんし、今はニトリで買ったあったか毛布にくるまっているときが至福です」

お母さん

お母さん

あら、私と一緒だわ(笑)。家に仕事を持ち込まないというのは、具体的にルールとして決めているのかしら?

住谷杏奈さん

「家にいるときはLINEでできることしかしない、という風に決めています。例えばアイデアを思いついたときに、すぐに誰かに伝えないと忘れてしまうので、LINEは時間に関係なく送ります。パッと浮かんだときにアクションを起こしておかないと気が済まないんです!」

お母さん

お母さん

本当にパワフルなのね〜。そんな住谷さんにますます興味が湧いてきたわ! まだまだ聞きたいことがあるから、ちょっとお茶をおかわりしてもう少しだけお話聞かせて!

【前編のまとめ】

ひらめきを逃さないアクションが住谷さんの仕事の秘訣だったのね。自分で決めるからこそ後悔をしない!というポジティブな姿勢は本当に参考になるわ。後編では、働きながら家事を両立する工夫やストレス解消法などを中心に聞いてみるので、お楽しみに!

この記事に関連するキーワード

おすすめの記事この記事を読んだあなたにおすすめ!

新しく、おもしろい体験をマニュアル付きでご自宅までお届けします【自宅で学ぶ 体験EC DIDYCO ディディコ】