イントロ1 イントロ1
イントロ2 イントロ2
イントロ3
今月のお客さん 今月のお客さん
今月のお客さん
健康
2019.02.07

マキタスポーツさんに聞く!後編「食べることの大切さと子育て論」

  • Facebook
  • Twitter
  • G+シェア
  • B!はてぶ
  • Pocket
マキタスポーツさんに聞く!後編「食べることの大切さと子育て論」

ジャンクフードだって食育! 楽しみながら食べることが成長につながる

おいしい料理が次々と登場し、見ているだけで幸せな気分に浸れる「そらのレストラン」。大豆農家を営むイシさんこと、石村甲介役を演じているマキタスポーツさんは、プライベートでは16歳と11歳の女の子、4歳の双子の男の子を育てるイクメンでもあります!

すると気になるのがマキタ家の食育! 最近、我が家の娘が素っ気ないような気がして、いつ「パパなんて嫌い!」と言われるか、戦々恐々の日々なんだよなぁ……。女の子を育てる先輩パパのマキタスポーツさんに、育児の相談もしてみよう!

今月のお客さん
ミュージシャン/役者

ミュージシャン/役者

マキタスポーツさん

1970年1月25日山梨県生まれ、本名は槙田雄司。ミュージシャン、役者、お笑い芸人、文筆家と幅広く活躍。役者としては2012年公開の映画「苦役列車」の好演により、第55回ブルーリボン賞 新人賞、第22回東スポ映画大賞 新人賞をダブル受賞。その後も数々の映画やドラマに出演し、文筆家としては新著に『決定版 一億総ツッコミ時代』(講談社文庫)がある。

https://www.instagram.com/makisupo/?hl=ja
お父さん

お父さん

「そらのレストラン」にはおいしい料理が登場するだけでなく、食育の観点からも食事が描かれていますよね。マキタスポーツさんのご家庭でも、食育を大切にしていますか?

「特別、何かをしているかと言えば、していません。それでも食の大切さは、娘にも息子にも、おのずと伝わっていると思いますね。なぜなら僕が、食べることが大好きだから。朝食を食べながら、「今日の夕飯はどうしよう?」と考えるくらい、食いしん坊なんですよ。僕自身が食にこだわり、食べることを心から楽しめる人間だからこそ、人生における食事の大切さは、子どもにも伝わっているはずです」

お父さん

お父さん

お子さんと食事を楽しむにあたり、一番こだわっていることって何でしょう?

「選択の幅を狭めないことですね。「そらのレストラン」に描かれているような、生産者が大事に育てた農産物も楽しむし、ときには贅沢な食材も楽しみますが、ヘルシーさや上質さには固執しない。家族みんなで、ジャンクフードを頬張る日があってもいいですよね。親の裁量によって食に対する選択肢を狭めるのは、ちょっと身勝手だと思うんですよ。ジャンクフードを味わう楽しさだって教えるべきだし、広い選択肢を与えてこそ、子どもは自ら選択する力を身につけていくような気がします」

お父さん

お父さん

なるほど……! これまでステレオタイプのように「ジャンクフードは控えるべき」なんて思っていましたが、子どもが味わう機会を奪ってしまうのは、たしかに横暴かもしれませんね。

マキタスポーツさん

「いろいろな家庭がありますから、あくまでも我が家の話ですよ。ただ、オーガニックもジャンクフードも知ってこそ、食の楽しみが広がる気がするんですよね」

お父さん

お父さん

マキタスポーツさん流の食育、勉強になります! そこで教えていただきたいのが、子どもと良好な関係を築く秘訣です。僕には5歳の娘がいるのですが、そろそろ「パパなんて嫌い!」という時期がやって来そうで……。

「食育の話に通じますが、何事にもチャレンジする機会を奪わないこと。子どもはかわいい。おそろしいくらいに、かわいい。危険な目に遭わせたくないのが親心ですが、過干渉はね、嫌われますよ。それにチャレンジする機会を奪ってしまっては、成長体験も失敗体験も、奪うことになります。だから我が家では、いろいろなことに挑戦させています。これがひとつ、年頃の娘とも良好な関係でいられる秘訣のように思いますね」

お父さん

お父さん

耳が痛いお話ですね。つい過保護になって、子ども自身がチャレンジする機会を奪ってしまうこと、たしかにあります……。

マキタスポーツさん

「いや、わかりますよ。何かにチャレンジして失敗したら、子どもだって傷つくし、子どもが傷つく姿は見たくない。それでも挑戦させないことには、子どものステップアップにつながりません。そこで父親である僕がすべきなのは、後押しすることと励ましの言葉をかけることですよね。そこで失敗したとしても、失敗に対する否定はしません。チャレンジする姿勢そのものを、褒めてあげたいですよね」

お父さん

お父さん

褒めることって、やっぱり大切なんですね。僕も意識的に、後押しと励ましの言葉をかけるように努力してみます!

「言葉にするって、大事だと思いますよ。僕は話し始めると長いから、最後まで聞いてもらえたためしがないですけどね(笑)。それでも言葉にして伝えることは、大事にしています。「パパは話が長い」と呆れられっぱなしですが、僕が話した言葉が、どこかで花開くプレゼントになるかもしれませんから」

お父さん

お父さん

どこかで花開くプレゼント……! たとえ煙たがられても、言葉にすることを大切にします! マキタスポーツさん、ためになるお話を聞かせていただきありがとうございました!

【後編のまとめ】

「たとえ最後まで聞いてもらえなくても、父親が伝えた言葉が、どこかで花開くプレゼントになるかもしれない」。マキタスポーツさんのこの言葉には、本当に胸を打たれました……! 娘に煙たがられたくないあまり、言葉少なになってしまうことが多々あったけれど、これではダメだ。マキタさんの教えを糧に、しっかり言葉を伝えられる父親を目指すぞ!

 

【出演作品情報】

「そらのレストラン」
東京テアトルほか全国ロードショー
出演:大泉 洋、本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、高橋 努、石崎ひゅーい、眞島秀和、安藤玉恵、庄野 凛、鈴井貴之(友情出演)、風吹ジュン、小日向文世
監督:深川栄洋
(C)2018「そらのレストラン」製作委員会

この記事に関連するキーワード

おすすめの記事この記事を読んだあなたにおすすめ!

新しく、おもしろい体験をマニュアル付きでご自宅までお届けします【自宅で学ぶ 体験EC DIDYCO ディディコ】